喜ばれるラッピングは、風呂敷で作れる。かんたん風呂敷の包み方

風呂敷は、シンプルでいて中身の形状を選ばないことから、日本で長く親しまれてきた日本らしい包装です。いまでも日常で見かけるシーンは様々ありますので、いざというときに迷わずさっと包めると素敵ですよね。

「風呂敷」という名前がついた室町時代は名前の通り“お風呂の時に敷く布”として使われていました。お風呂とは社交儀礼の場であり、一種の遊楽をともなった宴を催すことを「風呂」といい、入浴にはいろいろな趣向がこらされていたそうです。なんと、浴後には茶の湯や酒宴が催されていたとか。

煎茶堂東京ではギフトボックス用の風呂敷をご用意しています。今回は最もスタンダードな風呂敷の包み方をご紹介します。

 

風呂敷の一般的な包み方の流れ

1.品物を風呂敷の真ん中に置く
2.手前側のかどを持ち、品物にかける
3.奥側のかどを持ち、手前にかける
4.左右のかどを結ぶ

 

煎茶堂東京の風呂敷で包むときの包みかたとポイント

  1. 煎茶堂東京のシンボルマークが奥側になるように風呂敷を広げる。
  2. 包みたい品物を置く。最後の仕上がりを格段によくするために、一度奥のかどを手前にもってくる。このとき、持ってきた角がちょうど品物の手前の底につくくらいの位置に品物を置くと、仕上がりが美しくなる。

  3. 品物を置く場所が決まったら、手前のかどを持ち、品物をくるむ。
  4. 左右のかどを持ち、結ぶ。
  5. もう一度結び、固結びにする。さきほど結んだ方向と逆に結ぶと、結び目が縦にならずに美しくなる。
  6. 両端を引っ張り、見た目を整える。結び目の固さと、結んで出来上がった「耳」の角度を調整したら完成。結び目はキツくしすぎず、すこし緩めてやるとよい。

 

ポイントとしては、

  • 包むものを置く場所を決めるとき、奥のかどの位置をしっかり決める。
  • 1回目に結んだ方向と逆の方向で2回目を結ぶ。
  • 結んだ後、結び目と耳を整える。

の三点です。

あまりシワになることを気にしすぎずに、ある程度いい加減にやってもきちんとさまになりますよ。

 

自分で包むことで、グッと増す特別感

 

意外と簡単にきれいにできるので、いままで自分で風呂敷包みするのを避けていた方も、この機会にトライしてみてはいかがでしょうか。贈り物を自分で包んで仕上げることで、受け取る相手も「心を込めたギフトを贈ってもらった」と感じるはずです。

風呂敷のラッピングは、オンラインサイトで注文可能。煎茶堂東京 銀座店では、ティーコンシェルジュが風呂敷でお包みするサービスを行なっているので、贈り物をお探しのときにお立ち寄りください。

← Older Post Newer Post →