【お菓子とお茶】ときめきの宝箱。六花亭「六花セレクト缶」と「001 はるもえぎ」

おいしいお茶を淹れると、お菓子が欲しくなる。おいしいお菓子を見つけると、どんなお茶を淹れようか想像してしまう。煎茶堂東京のお茶と過ごす日々の中でついつい誰かに教えたくなるペアリング菓子をご紹介します。

今回、食いしんぼうデザイナーの神(ジン)が紹介するのは、あの花柄がときめく六花亭の「六花セレクト缶」です。

 

六花亭の「六花セレクト」





「マルセイバターサンド」でお馴染みの六花亭。六花亭の歴史は古く、1933年に「帯広千秋庵」として開店したのが始まり。そこからおよそ30年後の1961年、坂本直行氏の手によってこの花柄の包装紙が生み出されたそう。

社名が現在の「六花亭」に変更となったのは1977年。その時に、社名変更記念菓子として「マルセイバターサンド」が発売されたのだとか。

そんな六花亭に、こんな素敵な缶のセットがあるのはご存知でしたか?この「六花セレクト缶」(3,240円 税込)の、見る者の心をときめかせる缶の中には、六花亭のお菓子が詰められて販売されます。

缶のデザインは月ごとに変わります。購入した5月は包装紙の花柄でしたが、月によっては、きたこぶしやはまはしなどのお花があしらわれることも。






缶の中身は、定番のマルセイバターサンドの他、食べたことのあるおやつもありましたが、全く初対面のおやつの方が多い様子。なかなか手に入れる機会の少ないお菓子が食べられるのも嬉しいですね。

ぐるっと一周外堀を支えるのは「マルセイバターサンド」に、レモンチョコクリームをサクサクのパイでサンドした「いつか来た道」、「霧だたみ」の3種類。

輪の中には、キャラメルや、ココアのビスケットでホワイトチョコをサンドした「雪やこんこ」など、計9種類のおやつが入っています。




「お菓子は大地の恵み」





今回は六花亭オンラインショップから購入したのですが、まず届いて一番に目に入るのは、段ボールに書かれた「お菓子は大地の恵みです」の文字。

コピーライティングとしてのフィット感に少しひるみつつ、ふと、以前テレビ番組で会社としての六花亭を詳しく拝見する機会があって、とても素敵な会社と感じたことを思い出しました。

六花亭は、お菓子の会社としての活動の他に様々な施設を運営しています。


六花亭公式サイトより


およそ145,000平方メートルの広大な敷地内に美術館やレストランが点在する「中札内美術村」や(私の大好きな安西水丸さんの作品館も!)、100,000平方メートルの土地に四季折々の山野草が咲く「六花の森」など…。

広大すぎて一体どれほどの広さなのか認識するのが正直難しいのですが、いずれの施設も、北海道の会社だからこそ出来ることばかりです。

安直な考えかも知れないのですが、こうした自然や文化を守る活動が「大地の恵み」となって、北海道の自然へと循環される。だからお菓子は大地の恵みなのかしら、と思案にふけりながらやっと段ボールを開けるのでした。





封を開けると、どうやら今年が花柄包装紙の60周年記念らしく、当初の花柄包装紙の復刻デザインで届きました。六花亭花柄包装紙マニアの方、今年はお買い物マストですよ!




一番人気のお茶と、北海道の定番お菓子

 




いちどで沢山のお菓子に合わせるお茶なら、一番人気の『001 はるもえぎ』で解決。毎月人気の茶葉として3位以内をキープしているはるもえぎは、角のとれた、甘くてまろやかな味わいが特徴です。

ちょっと元気を出したいな、なんて時にも優しく寄り添ってくれる味わいは、ほっとしたいお茶の時間についつい手が伸びてしまう頼れる存在。







さて、まずは外せない「マルセイバターサンド」から。うすいアルミの包みをピリ、と破いてひんやり冷えたバターサンドを、まずはひと口。







ああ、これこれ、わー、懐かしい、なんてご機嫌な気分で飲み込んで、お茶をすすります。大体美味しいおやつがあればニコニコなのですが、お茶があるとそこに安らぎが追加される。そんな気がします。






次に、恐れながらお初にお目にかかる「花の大地ひろびろ」を前情報なしで食べてみると、脳内で幼少期に口にした六花亭「ストロベリーチョコ」の味が。違うのは、サクサクのミルフィーユの食感。







こちらは『001 はるもえぎ』二煎目と。まろやかな一煎目に比べて、渋みが追加してきゅっと締まった味わいに変化する一杯は、いちごの酸味に丁度よく合います。

食べ終わった後は缶を丸ごと冷蔵庫に入れて、ちょっと小腹が…なんてタイミングで棚からおろして蓋を開けて楽しんでいます。

仕事で頭がアップした時も、一旦脳みそを落ち着かせるために必要なのは、暖かいお茶と、北海道という広大な大地で生まれたおやつなのかもしれません。








六花亭「六花セレクト缶」

商品名 六花セレクト缶(花柄)26個入
価格 一缶 3,240円(税込)
販売時期
通年販売
※缶の柄は時期によって変わります。毎月注文受付の期限がありますので、詳しくはオンラインショップをご確認ください。
※店舗での販売はそれぞれの店舗にご確認ください。
URL https://www.rokkatei-eshop.com/store

 


紹介したスタッフ

煎茶堂東京・東京茶寮/デザイナー
神 まどか

青森県生まれ。よく飲みよく食べよく眠る。好きな食べ物は「豆花」。突拍子もなく大きい声で歌うのが好き。朝に弱いけど早起きに憧れます。https://twitter.com/shenmadoka

 

お菓子とお茶 ペアリング 神 まどか

← Older Post Newer Post →

お茶のある暮らし Tea Life

RSS
Tags
001 はるもえぎ 001はるもえぎ 002 香駿 002香駿 003 こいしずく 003こいしずく 004 やぶきたやめ 005 おくみどり 006 ゆたかみどり知覧 006ゆたかみどり知覧 009おくひかり 010 ふくみどり 010ふくみどり 011やまなみ 012 あさつゆ 014熊球磨在来 016むさしかおり 017藤枝かおり 018 うじひかり 018うじひかり 020 さえみどり 021 釜炒りさえみどり 022 かなやみどり 024 香駿雁金 027CA278 028りょうふう 029めいりょく 031 浅蒸しはるもえぎ 032 つゆひかり頴娃 033 やまかい 034 ゆたかみどり 034ゆたかみどり 035 さきみどり彼杵 035さきみどり彼杵 036 みなみかおり 037 つゆひかり大山 038 山の息吹 039 さきみどり出雲 040 静7132 041 ごこう 042みえうえじま 044 うじみどり 045 おくみどり 霧島 046 おくゆたか 霧島 046 おくゆたか霧島 047 釜炒りはるもえぎ 049 あさひ 050 茂2号 051松寿 053 はると34 054 あさのか 5種飲み比べギフトセット TOKYO TEA JOURNAL VOL.1 VOL.2 VOL.4 VOL.5 あの人の朝ごはん あんこ お手入れ お月見 お茶のある暮らし お茶の三大産地 お茶の情報 お茶の成分 お茶の文化 お茶の栽培方法 お茶の歴史 お茶の淹れ方 お茶の産地 お茶の製造工程 お茶はどうやって淹れれば? お茶菓子 お茶請け お菓子とお茶 お餅 かぶせ茶 ぐり茶 さくらの煎茶 にこまる玄米 ふくみどり ほうじ煎茶 ほうじ番茶 ほうじ茶 まろやかな国産粉末緑茶 わたしの茶道具 カカオ カテキン カフェイン キャップ ギフト ジャスミン茶 チョコレート テアニン ハーブティー バックナンバー パフェ ビタミン ピラジン プレゼント ペアリング ミネラル ミント メンテナンス ラッピング リモートワーク レシピ ワイングラス 七碗茶歌 三大銘茶 三重県 不発酵茶 中国茶 中蒸し 九州 京番茶 京都府 作山窯 八十八夜 冷茶 加賀棒茶 包装 十五夜 半発酵茶 古川 千鶴 古川千鶴 和菓子 和菓子の日 品種のはなし 埼玉県 売茶翁 大福茶 子ども 宮崎県 小野寺 友麻 岡倉天心 後発酵茶 急須 抹茶 掃除 新茶 日本文化 日本茶 木村 晃 李 セロム 東京茶寮 果物 栄西 桜染め 梅シロップ 植物 植物としてのお茶 椎茸 母の日 注ぎ口 洋菓子 洗い方 津軽三味線 浅蒸し 海苔 深蒸し 清風 温かい煎茶 温度 濃厚煎茶アフォガート 烏龍茶 煎茶 煎茶パック 煎茶堂東京 煎茶道 狭山茶 玄米茶 玉緑茶 玉露 生産量 発酵 発酵茶 盆栽 盧仝 碾茶 神 まどか 立ち読み 粉末緑茶 紅茶 緑茶 編集部 花茶 花見 茶の本 茶の湯 茶器 茶摘み 茶摘み体験 茶経 茶育 茶道 落語 蒸し製 蒸し製玉緑茶 被覆栽培 読書 豆知識 貴腐ワインレーズン 贈り物 贈答 透明急須 野点 釜炒り 釜炒り茶 釜炒り製 釜炒り製玉緑茶 長崎県 陶磁器 陸羽 雁ヶ音ほうじ茶 静岡 静岡県 飲む植物園 鹿児島県